早く見つけてもらうために

写真を渡しておこう

ペットの名前や、外見の特徴は大きな手掛かりになります。
ですが口頭だけで伝えても、探偵が理解してくれないかもしれません。
確実に外見の特徴を伝えるためには、写真を見せてください。
写真は、いろんな角度から撮影したものを複数渡すのがおすすめです。
後ろから見ても、探しているペットだと判断できるようにしましょう。

また、いなくなった場所やよく訪れている散歩コースなども伝えてください。
いなくなった時の細かい情報があれば、探偵は捜索しやすくなります。
自分が持っている情報を、すべて伝えましょう。
情報が多ければ多いほど、ペットが見つかる可能性が高くなります。
思い出したことがあれば、電話でも良いので連絡してください。

信頼関係を築くこと

早くペットを探すためには、探偵と信頼関係を築くことが非常に大事です。
情報を持っていても、探偵に伝えないままではこちらを信用してくれなくなります。
信用できない人のために、力を発揮しようとは思わないでしょう。
まずはこちらが探偵を信頼して、情報をすべて渡してください。
こちらが一生懸命だと伝われば、探偵は全力を尽くしてペットを捜索してくれると思います。

どうしても信用できないと思ったら、早めに依頼をキャンセルして次の探偵に相談してください。
性格の相性が悪いと、話が噛み合わないのでペットを捜索するまでに余計な時間がかかってしまいます。
自分と探偵の相性がいいのか、話し合ってすぐ見極めることを心がけてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ