依頼するタイミング

放っておかないこと

急にペットがいなくなっても、いずれ帰って来るだろうと考えている人が見られます。
しかしどんどん家とは、逆方向にペットが進んでしまうこともあります。
事故にあったり、保健所に連れていかれたりするので危険です。
いなくなったと気づいた時点で、専門的な知識を持っている探偵に相談してください。
依頼するタイミングが早いと、まだ近くにいるので探しやすいです。

何度も脱走しているペットの場合は、まただと思って重要に考えていない人が多いです。
しかし万が一のことも考えて、ペットの捜索が得意な探偵を見つけておきましょう。
探偵の連絡先を知っていれば、すぐに相談できます。
1日経過してもペットが戻ってこなかったら、依頼してください。

誘拐されているケース

誘拐されるのは、人間だけではありません。
最近はペットの誘拐も見られます。
もし誘拐されていた場合は、素人だけでは見つけられないでしょう。
すぐ探偵に相談した方がいいです。
探偵に相談すれば、怪しい人を見つけだしてくれます。
犯人は遠くへ逃げようと思っているかもしれません。
探偵にすぐ依頼しないと、犯人に逃げる時間を与えてしまいます。

そんな時間は与えないでください。
以前から怪しい人物を見かけていたら、その人の特徴を伝えましょう。
犯人が見つかっても、相手が誘拐したことを認めないかもしれません。
自分と犯人で話し合っても、口論になる可能性が高いです。
探偵に説得してもらうことで、トラブルをこれ以上大きくしなくて済みます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ